サントリーのペンギンの看板

酒屋の店先でペンギンの看板を発見、1980年ごろのサントリー缶ビールのキャラクターです。福知山駅から10分ほど歩いたところにありました。保存状態がよいので、復刻した看板かと思いましたが、ネット画像では見当たらないので、30年前のもののようです。

続きを読む

ゆらゆら湯あがりプリン★城崎温泉

ゆらゆら湯あがりプリン・・・ゆらゆら、というのが、プリンのぷるぷる感にマッチします。ゆらゆら湯あがり牛乳では、ちょっと語感が合わない、牛乳は一気に飲みほしたい。ゆらゆら湯あがりアイスも、すこし変です、凍ったアイスはガリガリ食べるもの。ゆらゆら上がる湯けむり、ゆらゆらゆれるプリン・・・温泉街のゆったりした情緒にふさわしいですね。自分は、プリンが苦手なので、湯あがりは、牛乳です。城崎温泉の外湯「一の…

続きを読む

青春18きっぷで、城崎温泉へ

30年ぶりの城崎温泉、駅をでると両脇にお店が並ぶ広い通りを進む、カニ看板などがあって、大阪の道頓堀のような雰囲気もある。地蔵湯前から、川沿いの温泉街が続く、このあたりからは、ポスターでよく見る城崎温泉の風景、一の湯で、温泉に浸かってきた。城崎の外湯は、すべて改築されているが、昔の雰囲気は残っている。一の湯には、洞窟露天風呂?が新設されていた。

続きを読む

青春18きっぷの達人に出会う

青春18きっぷで、日帰りで城崎温泉に行ってきた。福知山で、私の前の席に駆け込んできた、元アンノン族らしきお二人さんと、すこし会話したら、青春18切符を使って、「津」からやってきたとのこと。日本で一番短い名前の市、三重県「津」、そんな遠いところから、福知山10:11発の列車に乗れるのか?十津川警部のように尋ねてみると、朝、5:30に津駅からスタートし、関西本線、草津線、東海道線経由で京都へ出て、京…

続きを読む

飛鳥の道標

 橘寺を示す道標、日本佛法最初地、聖徳皇太子御誕生所と記されている、よく見ると、指さしのイラストがあって、愉しげだ。下の写真の飛鳥寺の標石は、江戸時代のもので、これと、雰囲気が似ているので、橘寺の道標は、江戸時代のもの(伊勢参りで旅行ブームだった時期?)かもしれない。調べたらわかるけれど、そういうふうに想像しているほうが面白い。 平成と、江戸の道標、昔も今も、この場所が重要な分岐点。 …

続きを読む

ブルーマウンテンの注文が多い珈琲館「於巣路」

日曜の朝、上本町ハイハイタウンの昔ながらの喫茶店「於巣路(オスロ)」で、モーニングサービスのトーストを食べていたら、私の後にお店に入ってきた客が、「ブルーマウンテン」を注文した、そして、次の客も「ブルマン」、そして、そして、次の客も、「今日はブルマンやな・・・」、エエエエ?。上六(上本町6丁目)の住人は、コーヒー通が多くて、金持ちなのかなあ、うーーん、恐るべし、ハイハイタウン。お店を出るとき、謎…

続きを読む