馬見丘陵公園チューリップ(続き)アントワネット開花

1DSCF5012.jpg馬見丘陵公園のチューリップ。チューリップ祭りは4月16日に終わったが、今年は開花がおそかったので、まだ、きれいです。前回、咲いていなかった花をみてきました。
アントワネット、黄色に赤が混じるチューリップ、最初はオール黄色で花のふちから赤く染まってくるようです。花は3輪つくようです。
チューリップの名前の由来は、ネット検索(日本語で)したが不明でした、遅咲きの品種で色の変化もあるので人気の品種のようです。
外国のサイトをみると、ブーケに最適と記載があったので、1株で複数の花が咲くのは喜ばれるようです。それから、カメレオンという記載もあったので、色変わりする花をそのような表現になるようです。オランダのアントワネット・バンホーテン という人が、この花を作ったようです。
タイニーティモは、小さな原種のようなチューリップかな?。1DSCF5030.jpg


この記事へのコメント