「鶴のす」のオムライス

堂島アバンザB1「鶴のす」の、オムライス。いつもは、ミンチカツのランチを頼むのですが、今回は、なんとなくオムライスがたべたくなりました。玉子にくるまれた、昔ながらのケチャップ味のオムライスが、ステンレスの皿に、きれいに盛られていました。ケチャップのかけ方がプロの技です。大阪の洋食屋さんのオムライスは、卵はうすく焼いて破れずに巻いて、普通のケチャップをかけるだけの、シンプルなものです。家でも作れ…

続きを読む

北新地「竹井」の唐揚げ定食

北新地ANAホテルの近くの路地奥の、「酒菜竹井」というお店の、鶏の唐揚げ定食です。唐揚げはご飯によく合う濃いめの味付けで、千切りキャベツとの相性もよいです。自分は、唐揚げだけでボリューム過多ですが、副惣菜の中華の八宝菜風もセットされてました。残すとお店に失礼なので、頑張って完食しました。今回は写真を撮っていないのですが、以前の掲載写真のものとほぼ同じです。北新地とは思えない良心的なお値段800円…

続きを読む

鶴のす★ボルシチ(小)+ピロシキ

堂島アバンザB1「鶴のす」の、ボルシチをいただきました。ロシヤ料理店の看板をかかげていますが、その実態は、安くて美味しい大阪の洋食屋さんです。ボルシチは、いつもながらの、やさしい味です。このボルシチがどうやって作られているのかは、長年の謎です。小さな牛肉片が入っているので、牛肉がスープのベースになっているようです。生クリームの風味もあります。入っている野菜は、ほぼキャベツで、人参もあります。そ…

続きを読む

堂島アバンザ「鶴のす」のミンチカツ★★★

堂島アバンザ地下の「鶴のす」の、ミンチカツ。昔ながらの大阪の洋食の味です。外側の衣のザクザク、カリカリと、中のミンチのふんわり感が絶妙です。付け合せの、カレー風味のキャベツサワーもよいですね。

続きを読む

鶴のすのミンチカツ

堂島アンバンザ、鶴のすのいつものランチ、ミンチカツです。バリバリのかたい衣、脂少な目の荒挽きのミンチ肉、デミソース、ミンチカツのカット幅にいたるまで、すべてが、いつもどおりの味です。今年の夏に、日本橋の「しき浪」が閉店しました。人気が衰えないままの突然の閉店で、マイランキング1位のビーフカツがなくなりました。鶴のすは、マイランキング1位のミンチカツなので、いつまでも健在でいてほしいものです。 &…

続きを読む

肥後橋「グリル ピエロ」のハンバーグ★

西区江戸堀の「グリル ピエロ」。肉の焼ける匂いが充満する店内に入ると、おばちゃんが、「ハンバーグやね~」と注文の確認をとる。カウンター14席(定員)は満席で、食べている人の後ろで6人ほど待っている。背中に人がいては落ち着いて食べていられないから客の回転は速く、10分ほどで席につけて、すぐにハンバーグがきた。鉄皿で、ジュージュー音をたて、とけたチーズが熱そうだ。箸で割ったみたら、荒挽きミンチ肉が…

続きを読む