純喫茶「スイス」堺東

昭和レトロな純喫茶スイス、堺東銀座商店街のあたりでは、昭和50年ごろに営業していた喫茶店で残っているのは、もう、ここぐらいしかないようです。

続きを読む

カルディのコーヒー福袋★ニューイヤーブレンド2016

2016年のカルディのコーヒー福袋ジュエリーブレンド、キリマンジャロ、とニューイヤーブレンドの3点で1700円。ニューイヤーブレンドは、ブラジル、パナマ、グアテマラ、ニカラグアの混合です。厚みのあるベースに酸味がしっかりあって、老舗喫茶店のような雰囲気のあるコーヒーでした。

続きを読む

マヅラの250円コーヒーのお味は?

大阪駅前第1ビルの純喫茶マヅラのホットコーヒーは、コーヒーショップ並の250円です。マヅラは店内を見るだけで価値のある大阪の歴史遺産的な純喫茶ですがコーヒーもなかなかのものです。酸味がやや強い、雑味のないのスッキリした味わいのコーヒーです。[E:cafe]マヅラのテーブルには、御法度(ルール)がおいてあり、長時間利用、居眠り禁止、事務禁止などと記載されています。昭和の時代にはここで事務仕事をした…

続きを読む

カルディのコーヒー福袋

[E:aries]カルディコーヒーファームのコーヒー福袋、「イエメン産モカマタリ」「コロンビア ガスカファーム」「KALDI プラチナブレンド」「ブラジル カルモ・デ・ミナス ブルボン」の4種類。コロンビア ガスカファームを開けてみました。苦味と酸味のバランスがよくて、マイルドな酸味の奥に甘さも感じられよかったです。湯を注ぐドリップは面倒なので、コーヒーメーカーに湯をいれて短い時間で抽出しま…

続きを読む

ブルーマウンテンの注文が多い珈琲館「於巣路」

日曜の朝、上本町ハイハイタウンの昔ながらの喫茶店「於巣路(オスロ)」で、モーニングサービスのトーストを食べていたら、私の後にお店に入ってきた客が、「ブルーマウンテン」を注文した、そして、次の客も「ブルマン」、そして、そして、次の客も、「今日はブルマンやな・・・」、エエエエ?。上六(上本町6丁目)の住人は、コーヒー通が多くて、金持ちなのかなあ、うーーん、恐るべし、ハイハイタウン。お店を出るとき、謎…

続きを読む

フロストコーヒー ウィーン とは?

昭和46年発行、50年重版の、保育社カラーブックス「コーヒー入門」の、バリエーションコーヒーのページの写真です。写真の説明文を読むと、カフェ・フラッペは、氷を浮かべた冷たいコーヒー、アイスコーヒーのこと。なるほど。カフェ・アレキサンダーは、リキュール入りのカフェフラッペ。なるほど。フロスト・コーヒー・ ウィーン ? ???あれ?本に説明が載っていない。閑話休題(古風な言い方ですね)ネッ…

続きを読む

金剛山のイワタバコ

金剛山のイワタバコ、妙見谷でたまに見かけるが、今年は、いっぱい咲いていた。すこし花の盛りがすぎていたのが残念。涼しい妙見谷は真夏にたどる人が多い人気コース。登山道は、昨年よりすこし荒れていた。 4枚目の写真は、4年前に撮ったものです。7月末ごろだったので今回よりきれいです。この花の見ごろはとても短いのかもしれない。

続きを読む

日本橋の中心のコーヒーショップからの眺め

数年ぶりに、日本橋のでんでんタウン(まだ、この名で呼んでよいのかな?)に行ってみた。高島屋別館前から恵美須町のほうへ向かって歩いたが、かつての電気店が、ゲームやアニメのショップになっていて、なにがなんだかよくわからない。今日は寒かったので、かつてヤマギワのあった交差点の前に、コーヒーショップがあったので、ひとまずそこで一服した。窓越しに、元ヤマギワのビル、いまは、アニメのショップ(ヒーロー玩具研…

続きを読む

赤と黒★マヅラのアイスコーヒー

大阪駅前第一ビル「マヅラ」のアイスコーヒーです。ここは、全席喫煙OKなので、男性客の場合は自動的に灰皿が用意される。赤と黒のコントラストが美しい・・・。マヅラのアイスコーヒーは、チェーン店のコーヒーと変わらない250円。

続きを読む

『サントリー・草原物語ミルク』再び絶滅寸前!

「サントリー・草原物語ミルクという乳飲料がある。かなりのレアもので、自分の知る限り、大阪環状線外回りの京橋駅ホームの自販機にしかない(立ち食いうどんのとなり)。『サントリー・草原物語ミルク』は、練乳が添加されたような濃い缶入り牛乳で、アイスと、ホット、が季節により入れ替わる。製造者は北海道日高の牧場で、サントリーが販売している。・・・以前(数年前まで)はあちこち駅にもあったが、いまや、絶滅危惧種…

続きを読む